薬剤師の求人数は多い?パート、未経験、ブランク明けなど

MENU

薬剤師の求人数は多い?パート、未経験、ブランク明けなど

パートでもOK?

 

薬剤師の女性の割合は多く、約半分は女性なのです。女性の薬剤師の場合、男性のようにフル勤務ができない場合が多いです。もちろん、女性でも未婚の場合はフル勤務のほうが収入も高いですので好まれますが、結婚をしている人、そして子供がいる人などはなかなかフル勤務が難しい人もいます。

 

結婚していれば、旦那さんの扶養に入っているため、働ける時間が限られてしまいます。また子供が小さいうちは保育所などの預けるかと思いますが、お迎えの時間などが早く、フル勤務は難しい人もいるでしょう。そういった人はせっかく薬剤師の資格を持っていても雇ってくれるところはないだろうと就職を諦めている人も多いですし、家族を犠牲にしてフル勤務をする人もいるようです。

 

たしかに、調剤薬局やドラッグストアの多くは、フル勤務プラス残業をしてもらいたいと思っているでしょう。そのため、時間が限られているパートの薬剤師は好まれないことが多く、求人情報も少なくなります。求人情報誌などを探してみても見つからないことが多いでしょう。

 

そんな時には薬剤師の転職サイト、就職サイトに登録することをおすすめします。求人情報が多い上に、非公開求人もあるので、きっとパートでも可能な就職先も見つかるはずです。また自分で探すのが困難な人はコンサルタントなどに相談をしていれば見つけてきてくれることもあります。実際に、残業のない会社や、午前中の勤務のみでもOKという会社もあるので、そういった条件付きの薬剤師の方はぜひ登録することをおすすめします。

 

 

 

未経験でも就職先は見つかる?

 

薬剤師の資格を取得したばかりの人は誰でも、未経験となりますが、不景気の昨今、未経験の薬剤師を雇ってくれるところはあるだろうかと悩んでいる人も少なくないはずです。特に女性は、薬剤師の資格は取得したものの、結婚や出産で働いていなかったという人もいるのです。

 

まだ大学を卒業したばかりの薬剤師なら、若いですので製薬会社や医薬品メーカーなどでも採用してくれる可能性はあります。ただ、調剤薬局などは経験のある薬剤師、即戦力となる薬剤師を求める求人のほうが多いです。会社側でもせっかく薬剤師を採用するのですから、ある程度経験があったほうが好まれるのは間違いありません。

 

実際、どこの会社でも同じ年齢なら未経験の人よりも経験者のほうが採用される可能性は高いです。それは不景気だからこそ無駄な経費はかけたくないということでもあります。特に女性を雇う場合、せっかく経験を積ませて、いざ活躍してもらおうと思った矢先に結婚や出産で退職してしまうということがあるので、そういう可能性のある人は採用したくないと考えるのです。

 

ただ、未経験でもOKという会社は実はたくさんあるのです。求人情報には載せていないだけです。薬剤師の転職サイト、就職サイトに登録すれば、そんな条件のケースでも求人情報を見つけてきてくれます。また、サイトによっては、研修などをおこなってちょっとした経験を積ませてくれるところもあります。未経験の人は求人がないという悩みの他に、仕事ができるのだろうかという悩みも抱えていますから、そういう意味でも転職サイトはおすすめです。

 

 

 

ブランクがあっても大丈夫?

 

女性は男性と違って結婚や出産を機に仕事を退職、または休職を余儀なくされることもあります。それは女性が多い薬剤師でも同じことです。苦労して薬剤師の資格を取得し、経験を積んでも結婚・出産・育児で数年間働かないこともあるでしょう。そして子育てが一段落して、再就職をしようとする人も少なくありません。

 

薬剤師はブランクがあっても大丈夫だろうか?と悩んでいる人も多いようです。何年も働いていたのだし、薬剤師の免許は更新が必要なわけでもないから問題ないだろうと思うかも知れません。ですが、実はブランクがあると厳しいというのが薬剤師なのです。医療業界は常に研究をおこない、それに伴い新しい薬などもどんどん製造されています。そしてドラッグストアや薬局においてある薬だって、どんどん違うものが発売されます。そのため2〜3年ブランクがあるだけで、ついていけなくなることも多々あります。もしかすると、薬剤師になりたての未経験の人よりもわからないところ、間違っているところがあるかもしれないのです。

 

じゃあ、ブランクがあると、また一から勉強し直しなのかというと、そういうわけではなくやはり経験は生かされます。ただブランクがあった期間だけの知識が不足しているだけなのです。もちろん、ドラッグストアなどによっては、ブランクがあっても採用してくれるところはありますが、何年も仕事をしていないとはたしてちゃんと働けるのだろうかと、不安に思う人もいるでしょう。転職サイトによっては、そういったブランクがある人向けのサポートもおこなっているところもあります。求人情報だけでなく、そういった不安がある人は登録してアドバイスを受けてみるといいでしょう。

 

 

 

薬剤師の求人は多い?

 

薬剤師の求人は、実際に薬局やドラッグストア、求人情報誌を見てもわかるように募集が多いです。薬剤師は慢性的に不足しているため、他の業種よりも求人が多いのです。就職難で、資格があってもなかなか就職先が見つからないという現代において薬剤師は比較的すぐに就職できる職業といえるでしょう。

 

ただ、求人情報が多いからといって、薬剤師の資格を持っていれば誰もがすぐに就職できるのか、というとそういうわけでもありません。たとえ求人情報が多くても採用されなければ意味がありません。特に女性の薬剤師は採用されにくい傾向にあるようです。それは、女性は結婚や出産、子育てなどがあり、せっかく採用したと思ったのに、すぐに辞められてしまったということがあります。そういう手間やリスクを考えると、調剤薬局やドラッグストアでは男性薬剤師のほうが重宝されます。

 

そういった場合には、やはり転職サイトなどを利用して、女性でもOKの求人情報を見つけるといいでしょう。ただ、今は男女雇用機会均等法により、求人を出す時には「男性薬剤師を求む」というような性別での条件は記載できないことになっています。また、女性だからという理由で不採用にすることもできません。とはいえ男性薬剤師が欲しいところでは、その他の理由で女性が不採用となるケースが多いです。転職サイトでは、薬剤師を会社に就職させた実績がありますから、この会社は女性も雇用してくれる、逆に男性しか取らないというよう情報も知っています。それだけでも無駄な面接をしなくて済みますから、早い就職には役に立つでしょう。